【失敗談】リネットで布団クリーニングしたい。その時に・・・

口コミ

子どもの食べこぼしのシミ

小学生の子どもが胃腸風邪を患い布団での生活の中、食事を誤ってこぼしてしまいました。
その場ですぐに簡単な処理をしましたが、人数分の布団しかなくそのままにしており、シミになってしまいました。
大きさは、大人の手のひらサイズ程のシミです。
子どものお気に入りの布団でしたので、暖かくなってきた時期に、布団クリーニングに初めて出してみることにしました。
日頃から布団が傷まないよう、干した後は叩かず布団クリーナーを使用して大事に使っていた品です。
しかし羽毛布団は重く、クリーリングまで持って行くのは大変だと思い、初めて宅配クリーニング業者を利用してみることにしました。

クリーニング業者を比較

布団クリーニングをお願いするなら、安さや利便性を重視したいと考えていました。
そこで、今回お願いしたのは「ふとんリネット」です。
専用のアプリもあり、布団の集荷もヤマト運輸が行ってくれます
4枚目まではまとめ割もあり、6,000円以上であれば送料無料ということでお願いすることにしました。
6,000円未満は送料が3,000円(税抜き)かかります。
「布団丸洗い専門店フレスコ」や「しももとクリーニング」と値段の比較もしてみましたが、2枚目まではあまり変わりません。
3枚~4枚目の割引は「ふとんリネット」が一番安く設定されていました。
羽毛布団を3枚出し、12,800円のお支払いでした。
クレジットカードか代引きでお支払いできますが、代引きは手数料300円掛かります。期限内であれば支払い方法の変更も出来ます。

シングルの羽毛布団3枚を出してみた

クリーニングをお願いしたのは、シングルサイズの羽毛布団3枚です。
インターネットから申し込み、2日後に発送キットが届きました。
専用バッグ、説明書、圧縮袋、結束バンドが入っていました。
専用バッグに入れて送りますが、圧縮袋に入れてからでないと、専用バッグには羽毛布団2枚までしか入りません。
圧縮袋は大きく、羽毛布団も簡単に入りました。
布団を閉めて専用バッグを閉めた後、チャック部分を結束バンドで止めて開かないようにします。
中の布団が誤って飛び出さないようにする工夫を感じました

圧縮袋を使用しての失敗談

布団圧縮袋は、コードレス掃除機では使用出来ませんでした。
まったく圧縮されず、慌ててお向かいのお宅に借りに行きました。
申し訳なさと恥ずかしさで、返してから翌日に、菓子折りを購入して渡しました。
また、圧縮袋に余裕があると思い3枚まとめて圧縮しようとしましたが、上手く圧縮出来ませんでした。
圧縮袋を普段使うことがない方は、詰め方にも注意が必要です。
枕カバーなどの小物を一緒に入れる程度であれば、上手く入りました。
専用の袋に詰める時は、押し込むと圧縮袋が開いてしまいます。

リネットに依頼する前には確認を。

羽毛布団を圧縮して持ち上げてみると、想像より重く玄関まで運ぶのも大変でした
クリーニングのお店まで自分で持って行くことを考えると、玄関までで済むのがとても有り難かったです。
ヤマト運輸の集荷も電話一つで取りに来てもらえるので、天候を気にする必要がありません
送料も無料です。
お金をあらかじめ準備しておく必要もなく、手渡しするだけで済みました
10日後にヤマト運輸で、綺麗になった布団が届きました。
圧縮袋に入っておりましたが仕上がりが気になり、出してみることにしました。
最初は薄くなってしまっていて心配になりましたが、3~4時間後にはみるみる膨らんで、出した時よりもふわふわでした。
子どもの食べこぼしも綺麗にシミ抜きがしてあり、まるで新品のようでした。
確認した後再度圧縮しようと思いましたが、何度試してもコードレス掃除機では圧縮出来ませんでした
リネットで布団クリーニングをする場合は、圧縮して発送することになるので、自分の掃除機が圧縮袋に対応しているかどうか、確認したほうがいいですね。
クリーニングの仕上がりには、とても満足しています。

当サイトに、30代あきら様女性より2019年3月9日投稿いただいたレビューです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました